Rubyとは

railsapクラウドという言葉がIT世界を席捲し「所有」から「利用」へという考え方があたりまえの時代になりました。

これは、高価なITシステムを保有することが「価値」という時代は終わり、適切なITシステムを利用して「価値」を創造する時代に移ったということです。

「価値」を創造するシステムを提供するために
私たちは3つの要素「より早く」「より安く」「より高品質に」を重視し、より良い解決策として「Ruby」や「Ruby on Rails」を採用しています。また、この3つの要素はアジャイルアプローチの思想とリンクします。

アジャイルアプローチによる生産性


「ア ジャイル開発」は、顧客もプロジェクトに参加し期間が短いイテレーションで開発とリリースを繰り返し 顧客の合意を得ながらシステムを少しずつ成長させていく開発手法とよく言われます。手法はその通りなのですが、アジャイル開発の本質は「動くソフトウェ ア」を重視し「適切なタイミングに」「適切な価格の」「適切なプロダクトを提供」することです。この様な、短い期間を繰り返し無駄な開発を行わない手法に には、Rubyは理想的です。{ Ruby is Ideal }

Rubyによるエンタープライズシステム開発


Rubyはアジャイル開発に適しているから「スタートアップ」や「小規模システム」向けと思われがちですが、 具体的な仕様が見えていてかつ頻繁にリリースできないような基幹システムでもRubyは「生産性」「保守性」の面において威力を発揮します。

ま た、「動くソフトウェア」を重視するアジャイルの思想をプロジェクト運営に取り入れる事により納品を待たずに早期に「動くシステム」で確認することができ ます。 あわせて、弊社のクラウドサービスを活用いただければ、「アジャイル」×「Ruby」×「クラウド」の最強の組み合わせでシステム開発から運用までスムー ズに行うことが可能です。

最新の事例についてはこちらをご覧ください。
最新のソリューション情報(提案書など)はこちらをご覧ください。

Rubyとは


Rubyは、ま つもとゆきひろ氏が開発した日本発のオブジェクト指向スクリプト言語です。 2011年3月22日にJIS規格(JIS X 3017)、続いて2012年4月1日に日本発のプログラム言語では初めてISO/IEC規格(ISO/IEC 30170)として承認されています。2013年の誕生20周年にバージョン2.0が公開され、性能・安定性がさらに向上されました。詳しくは公式サイトへ

Ruby on Railsとは


デ ンマークのDavid Heinemeier Hansson氏により、Rubyで構築されたWebアプリケーション開発のためのフレームワークです。 Railsの「基本理念」に従うことにより、ソースコード量が少なくなり「生産性」「保守性」の高さで一躍有名になりました。Ruby2.0と同期をとる ようにRailsも2013年にバージョン4.0が公開され機能・性能・セキュリティすべての面において向上し安心して利用できるフレームワークです。詳 しくは公式サイトへ

Ruby及びRuby on Railsへの取り組みについて


こちらのページをご覧ください。

©  Ruby開発・事例サイト All Rights Reserved.
PAGE TOP