更新情報

このコラムを担当する吉政創成の吉政でございます。トランスネットのマーケティング支援を行っているご縁から、このコラムを連載しています。今回は「Web担当者はGoogle Search Consoleを絶対的に使うべき」と言うタイトルで書きます。

「Google Search Console」というツールを使ったことはありますでしょうか?

「昔使ってました!」という方は、あまりに指摘が細かくてやめてしまった方も多いのではないでしょうか?

中国を除く世界各国で90%以上検索エンジンシェアを持つGoogleにおける検索順位はとてもWebマーケティングにおいて重要になりました。日本においては99%のモバイル検索がGoogleになるという、Google色が最も強い国になりました。

Webマーケティングにおいて重要なGoogle検索順位ですが、「Google Search Console」が登場する前までは、何が正しいかよく理解されていない状況が続いていました。Googleも検索順位に重要な要素をあまり明確にしなかったからです。その状況を利用して様々なWebマーケティング会社が自身の経験に基づいた持論を展開していました。結果的にGoogleから見てよくないとされている手法を導入した企業も多かったです。例えば、以前はよくつかわれていて、今は禁じ手になっている以下の方法などもそうです。もし、今以下のような提案をしている業者がいたら、ちょっと注意したほうがいいです。

・外部リンクをとにかく増やす(無関係なページからの大量なリンク)
・1ページに大量のキーワードを記載する
・全ページMETA情報を統一して記載する(今はページごとに設定しなければいけません)
・意味もなくページを更新して、更新したように見せる

などなど、上げればまだまだたくさん出てきます。

Googleは自社の検索エンジンの評価を上げるべく、いいコンテンツを検索上位にあげたいのです。そのロジックとは別に小手先だけの施策を実施するサイトにペナルティを課して検索順位を下げようとしています。

そこで、Googleが考える模範的なサイトをガイドライン的にチェックするためのGoogle Search Consoleがリリースされています。

とにかくこのツールに従っていればOKというくらいに重要です。

まだ使ったことがない方は、このGoogle Search Consoleを使用して何がダメなのかをチェックして修正されるのが良いです。

ちなみに、CMS(コンテンツマネジメントシステム)に起因して改善要求が出てしまう場合があります。例えば「全ページMETT情報を統一して記載」という件についてはCMSの仕様でそうなってしまって、ペナルティを受けている場合があるのです。CMS自体が最新のSEOについていけていないから発生するのですが、こういう事象が出てくると、スクラッチで開発したWebが良いなって思います。スクラッチで開発したサイトであれば、修正すれば対応できるため、ペナルティを外すために全面リプレイスということにはならないです。ペナルティを受けたままだと、どんなに頑張ってコンテンツを更新しても検索順位は上がりにくいです。それは不幸なことですよね。(特に昔流行ったでその後衰退したCMSを利用されている方は、要注意です)

とはいっても、業者の腕によってだいぶ変わってきますので、その業者の事例を見るとよいと思います。事例が多く掲載され、事例が更新されている会社はお客様に評価され続けている会社ということになりますので、その点もチェックされるとよいでしょう。

このコラムを掲載いただいているトランスネットは以下のページにあるとおり、多くの事例を掲載しております。興味がある方は、以下のページもご覧ください。

https://www.transnet.ne.jp/success/

 

それでは今日はこの辺で。