更新情報

このコラムを担当する吉政創成の吉政でございます。トランスネットのマーケティング支援を行っているご縁から、このコラムを連載しています。今回は「国産言語のRubyをさらに育てるビジネス活動も」と言うタイトルで書きます。

RubyKaigi 2018が仙台で開催されましたね。東北のみならず、ほかの地方からも参加した人が多かったのではないでしょうか?イベントも盛況で素晴らしいことと思います。

当日の模様は多くのメディアで掲載されていますので、興味がある方は「RubyKaigi 2018」を検索されるとよいと思います。

話は少し変わりますが、私はOSSという言葉が日本で知られ始めるころからOSSに携わり、Linux、PHP、Ruby on Rails、PythonとOSSに関わってきました。その経験からOSS の普及において重要なマッチングがされることが重要だと思っています。それは「コミュニティ」と「ビジネス」のマッチングになります。

過去の全てのOSSにおいて成功したOSSは必ず以下の変遷を経て普及しています。

  • コミュニティで盛り上がる
  • ビジネスでも盛り上がる
  • コミュニティとビジネスが同居するイベントや取り組みなどが展開される

結局、コミュニティが盛り上がらない技術はそもそも普及し始めることもありえません。ビジネスが盛り上がらないと、そもそもその技術で食べていけません。そして、コミュニティとビジネスが共存して盛り上がらないと、ほかでそれを実現しているところに負けてしまいます。

OSシェアで一位になったLinuxや、サーバサイド言語でシェア1位になったPHP、人工知能プログラミング言語で1位になったPythonもそうですが、コミュニティとビジネスの同居がうまくできています。(Pythonはまだまだこれからですけど)

Rubyに関しては、ビジネス系の情報発信がまだまだ足りないように思えます。このコラムを掲載いただいているトランスネットでは、事例や提案書、コラムなどを継続的に公開しております。

事例集:https://www.transnet.ne.jp/success/
提案書集:https://www.transnet.ne.jp/techdoc/
コラム集:https://www.transnet.ne.jp/column/

こういう情報発信をする企業がもっと増えて、日本でもRubyがもっともっと盛り上がると嬉しいです。

IT後進国といわれる日本で数少ない、国産技術で世界で普及するRubyです。

今年は初めて日本で求人件数が1万件を超えました。

※参照:「Ruby求人増加率が2位に上昇。~Rubyの求人数が1万件超え~」

https://www.transnet.ne.jp/2018/04/24/ruby_colys/

求人数の増加はビジネスの拡大を示しています。

今が、Ruby市場を大きくするチャンスだと思います。

それでは今日はこの辺で。