更新情報

こんにちは。トランスネットの高野陽介です。

紅葉の季節を迎えましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

トランスネットでは、かねてよりWeb開発をお受けする際に、
「拡張性の高いRuby」+「生産性と保守性の高いRails」の組み合わせを
アジャイル開発方式で提案することが多い傾向にありました。
これにより、各イテレーション(反復)の計画時、最初に要求事項の優先順位と
作業範囲(スコープ)をお客様とともに計画してから、
約2週間程度でのシステムの実装、テストを実現しております。

アジャイル開発方式では、数週間で動くものが出来るため運用も即可能となりますし、
将来的な機能拡張や変更時にも柔軟、迅速に対応することができますね。

今回公開されている吉政忠志氏のコラムでは、いよいよこのアジャイル開発が
本格浸透してきていることをテーマに、アジャイル開発のメリットや
各社のアジャイル開発力量の見極め方について触れられています。

今号もゆっくりお楽しみいただければ幸いです。

_/_/ INDEX  _/_/

[コラム]
・Rails市場コラム(吉政忠志)
「いよいよアジャイル開発が本格浸透へ 約7割がアジャイル開発採用へ」

_/_/ コラム _/_

◆Rails市場コラム 執筆者 吉政忠志
「いよいよアジャイル開発が本格浸透へ 約7割がアジャイル開発採用へ」
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
今回は「いよいよアジャイル開発が本格浸透へ 約7割がアジャイル開発採用へ」と
言うタイトルで書きます。

先日、「いよいよアジャイル開発が本格浸透へ 約7割がアジャイル開発採用へ」と
いうニュースが目に飛び込んできました。

ちなみに私はアジャイル開発信者ではないため、全てのシステム開発をアジャイル
開発で行うべきとはおもっていません。適所適材で様々な開発手法で臨めばよいと
思います。ただ、多くのシステム開発はアジャイル開発で対応できますし、
そして、そのメリットは大きいと思います。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.transnet.ne.jp/2017/10/18/colys%e3%81%84%e3%82%88%e3%81%84%e3%82%88%e3%82%a2%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%a4%e3%83%ab%e9%96%8b%e7%99%ba%e3%81%8c%e6%9c%ac%e6%a0%bc%e6%b5%b8%e9%80%8f%e3%81%b8%e3%80%80/

◆Rails的目線で他のフレームワークを見てみる 執筆者 中越智哉
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
みなさん、こんにちは。唐突ですが、皆さんがRuby on Railsのことを知ったのは
いつ頃のことでしょうか。このコラムを今初めて見て知りました!という方はさす
がにいないと思いますが笑、最近Railsを知った、興味を持ったという方もいらっ
しゃるかもしれません。

Railsも気づけば世に出てから10年以上が経過しています。バージョン1.xのころに
Railsを知った筆者は、当時オープンソースでMVCのWebアプリケーションフレーム
ワークというと、Strutsしか知らなかったので、Railsの様々な機能や思想に驚か
されたものです。
(この続きは以下をご覧ください)
https://www.transnet.ne.jp/2017/11/16/rails_colnk/

◆Rails海外事情 執筆者 野田貴子
「Railsコミュニティの構成と新しいコミッターチームメンバーについて」
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
みなさんは、Ruby on Railsのコミュニティページを読んだことがありますか。
ここではRailsを開発してくれている人々やチーム編成について紹介されています。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.transnet.ne.jp/2017/11/16/rails_colnd/

編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
早いもので11月が終わります。
直ぐに年末、年度末となり、毎年恒例の高負荷シーズンに突入です。
今年度もRuby on Railsに助けられる状況がありそうです。
(高野陽介)

こんにちは。加賀結衣と申します。
先日友人の結婚式に参加してきました。
笑顔の友人を見ていたら、こちらまで嬉しくなりました。
結婚式に至るまでの道のりを聞いたところ、短期間の密なコミュニケーションで
優先順位を都度付け直し、とのことで、ある意味アジャイル型に近い進め方
かなと思いました。
(加賀結衣)

RubyWorld Conference終わりましたねー!私も参加したかったです。
実は昔、Rubyアソシエーションのお仕事を手伝ったこともあるのですが、
RubyWorld Conferenceには一度も行ったことはないのです。飛行機もホテルも
予約していたのですが、RubyWorld Conferenceに申し込むのを忘れていて当日
引き返したことも、、、そんなミスは滅諦に無いんですけどね、、、ホント縁
がないです。
(吉政忠志)

―◇皆様へのお願い◇―――――――――――――――――――――――――
本メールマガジンは情報共有の推進を目的としております。宜しければ、社内
の他の方が閲覧できる社内掲示板や関係各所へのご転送をお願いいたします。

─┌──┐ 発行人:株式会社トランスネット
─│\/│     システム開発部
─└──┘    先進技術開発グループ
Mail :tn-pr@tni.co.jp