更新情報

初めまして、トランスネットの友弘 悠樹と申します。

今年で入社2年目になる自分が、一年間をどのようにRuby on Railsや他の言語に田津触ってきたかをコラムにしたいと考えたので、今回から書かせていただくことになりました。是非、新たにRuby on Railsを始める方や、新社会人になったばかりの方に、見ていただけたら幸いです!

 

今回は初回ということで、自分がどのような一年間を過ごしてきたかRuby on Railsを中心に振り返っていきたいと思います。

 

私が初めてRuby on Rails に触れることになったのが、去年の7月でした。システム開発先進技術開発グループに配属され最初に触れたのが、Ruby on Railsでした。

 

先進技術開発グループでは、Ruby on Railsを中心とした、様々な言語を取り扱っており、多種多様なアプリケーションの開発を行っております。

 

配属後、最初は簡単な社内で使うアプリケーションを作り、実際にアプリケーションを作ってRuby on Railsはどういうものかを、実際に手を動かして慣れていくというものでした。

 

やはり最初は、言葉を覚えることからでしたね。「bundle install」?「migration」?単語だけじゃなかなか理解できないですが、いざ、やってみると「なるほど」って、理解でき、自分の中では結構楽しんで取り組んでいました。

 

このアプリケーション研修が終わると、Swift や Apache Cordova といった、スマートデバイスアプリ開発に携わりました。

 

どの言語も最初は苦戦しましたが、慣れてくると、似ている箇所を見つけたり、「このコードRuby on Railsでも使えるな」など新たな発見もできました。

 

今現在はRuby on Railsで構築したシステムの改修作業を担当していますが、去年と比べると、複雑なコードが読めるようになったり、または書いたりと、一年経って成長を実感できました。また、様々な経験が「活かせている」と確信しています。そんな一年間でした。

 

まだまだ、理解できていないことも多々あるので、少しずつRuby on Railsの深い部分まで知っていけたらと思います。

 

これからRhodesを扱う機会もあるので、どっぷりとRuby on Railsに浸かっていきます!

今はいち早く先輩たちに追いつけるのに必死ですが(笑

 

ではまた次回お会いしましょう!!!