更新情報

◆┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2015/05/27 Vol.008━
┏━┫Ruby Times┃旧バージョンのRuby、Railsのシステムからの移行提案書
┃R┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━┛○○○  ○○○  ○○○  ○○○  ○○○  ○○○

こんにちは。トランスネットの渡邉(のり)です。

Ruby1.8で開発したシステムをRuby2.2へという話がちらほら出てきました。
さすがに複数世代にまたがったマイグレーションはそのまますんなり移行という
感じではないと思います。

今回は、あくまで一例として、旧バージョンのRuby、Railsのシステムからの
移行提案書を公開しましたので、ご紹介します。

是非ご参考ください。

それでは今号も宜しくお願いいたします!!

_/_/ INDEX  _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

[News & Topics]
【Ruby資料公開】
・Rails1.2⇒Rails4.2へのマイグレーション提案

[コラム]
・Railsコラム – enjoy Railsway
「IIS 8+(HttpPlatformHandler)でRuby on Railsを実行」

・Ruby on Rails海外事情コラム
「Rails 5.0の変更点(仮)」

・Ruby&Railsマーケティングコラム
「納品したRuby1.8ベースのシステムをRuby2.2にマイグレーション」

_/_/ News & Topics  _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

[News & Topics]

【Ruby資料公開】Rails1.2⇒Rails4.2へのマイグレーション提案
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
本資料でご提案する内容は旧バージョンのRuby on Railsにて構築し、数年経
過したシステムのバージョンアップ(マイグレーション)の提案となります。
今後、本システムを機能増強、活用していくため、今回、基盤を整理すること
を要件に、現在時点で最善の対応方法をご提案致します。

【資料のダウンロード】
以下のページをご覧いただき、個人情報を登録されると事例をダウンロードで
きます。ご依頼によっては加工可能なPowerPoint形式でご提供もできます。
お気軽にお申し付けください。
https://www.transnet.ne.jp/techdoc/

_/_/ コラム _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

◆Railsコラム – enjoy Railsway 執筆者 友村亮大
第5回 「IIS 8+(HttpPlatformHandler)でRuby on Railsを実行」
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
Azure Web サイト上で一足先にリリースされていた、「HttpPlatformHandler」
が本年(2015)の2月にIIS8以降の拡張機能として正式にリリースされました。

Announcing the Release of the HttpPlatformHandler Module for IIS 8+

HttpPlatformHandler
HttpPlatformHandlerの役割を公式サイトを参考にまとめてみます。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.transnet.ne.jp/bbgf34w1v-23/#_23

◆Ruby on Rails海外事情コラム 執筆者 野田貴子
第5回 「Rails 5.0の変更点(仮)」
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
Ruby on Rails最大級の公式カンファレンスであるRailsConfを4月末に控え、
Railsのメジャーバージョンアップの発表もそろそろではないかと噂されてい
ます。現時点で明らかにされているバージョンアップの変更のうち、特筆すべ
きものをまとめてみました。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.transnet.ne.jp/bbl875m3i-110/#_110

◆Ruby&Railsマーケティングコラム 執筆者 吉政忠志
第8回「納品したRuby1.8ベースのシステムをRuby2.2にマイグレーション」
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
Rubyは長らく1.xを引っ張っていたので、Ruby2.xへのマイグレーションのお話は多い
のではないでしょうか?お客様の要望によってはマイグレーションではなく、作り直し
を希望されるお客様もいると思います。ただ、ほとんどのお客様では、マイグレーショ
ンした場合と、まったく新しい技術で再開発した場合の両方を比べてみたいのではな
いでしょうか?

今回のコラムでは、以下のシステムのマイグレーションを解説した資料の概要をご
紹介します。

<現行システム>
サーバーOS:CentOS Release 5系
言語:Ruby 1.8系
フレームワーク:Ruby on Rails 1.2系
DB:MySQL 5.0

<新システムの希望構成>
サーバーOS:CentOS Release 6.6 x86-64
言語:Ruby 2.2.0
フレームワーク:Ruby on Rails 4.2.0
DB:MySQL 5.6

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.transnet.ne.jp/bb1l10hdw-24/#_24

編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
みなさんGWは有意義な休日を過ごせましたでしょうか?GWネタはちょっと
時期はずれですが、あっという間に今年の前半戦も終わろうとしております。
後悔しないように日々有意義に過ごしたいものです。ということで今からシル
バーウィークの準備をしよ~っと笑(渡邉のり)

最近、職業プログラマーの方がRailsを勉強始めたという話を聞くようになり
ました。職業プログラマーについてはいろいろ思う方もいますがマーケットの
観点からいうと、適正に拡大をし始めた表れでもあります。特に人手不足が
深刻ということもあり、もっとエンジニアが増えることを期待しています。
(吉政)

―◇皆様へのお願い◇―――――――――――――――――――――――――
本メールマガジンは情報共有の推進を目的としております。宜しければ、社内
の他の方が閲覧できる社内掲示板や関係各所へのご転送をお願いいたします。


─┌──┐ 発行人:株式会社トランスネット
─│\/│     システム事業部 システム開発
─└──┘         先進技術開発グループ
Mail :tn-pr@tni.co.jp


Copyright (c). Transnet Inc. All Rights Reserved.