更新情報
 ◆┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2014/07/08 Vol.001━
┏━┫Ruby Times┃【資料公開】事例1本、提案書3本、コラム2本公開
┃R┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━┛○○○  ○○○  ○○○  ○○○  ○○○  ○○○創刊のご挨拶ト ランスネットはRubyアソシエーション 認定システムインテグレータGold、認定クラウドサービス事業者Goldを取得し、Ruby認定技術者や Rails認定技術者の推進をし、お陰様でお客様から多くの実績と高いご評価を頂けるまでになりました。これもひとえに、ご指導いただいたお客様や、ご支 援いただいたパー
トナーの皆様のお蔭であると深く感謝しております。ありがとうございます。

トランスネットでは、Rubyや Ruby on Railsの業界貢献をするべく、弊社のノウハウを公開していくRubyサイトを立ち上げる運びとなりました。このメールマガジンでは毎月公開する Rubyの事例、提案書、技術コラムのアップデート情報を不定期にお届けいたします。宜しければお読みいただければ幸いでございます。

それでは、引き続きご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

平成26日08月18日
株式会社トランスネット
システム事業部 システム開発 部長 山原郷人

_/_/ INDEX  _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

[News & Topics]
【Ruby資料公開】
・バス車載端末システム
・テナント管理支援システム
・入館申請受付管理システム

【Ruby事例公開】
・航空機管理システム

[コラム]
・Railsコラム”enjoy railsway”第1回「rails console」
・Rubyコラム”Dig Ruby!”第1回 「pry watch」
・「OSSの利用推進が1年で8.2%進み、OSSを活用する企業の64.8%は売上増」

_/_/ News & Topics  _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

[News & Topics]

【Ruby資料公開】・バス車載端末システム
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
本 システムはスマートデバイス(スマートフォンやパッド)を使用したバス運転手や車掌様向けの車載端末システムとなります。短期間で良質なシステムを提供す るためRuby言語+フレームワーク(Rhodes,Ruby on Rails)を使用しております。今回ご提案するフレームワークは拡張性や保守性も高く、機能増強やメンテナンスが容易にできます。

【Ruby資料公開】・テナント管理支援システム
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
拡張性の高いRuby+生産性と保守性の高いRailsを組み合わせることで将来的な機能の拡張や変更時にコストを抑えることができます。

【Ruby資料公開】・入館申請受付管理システム
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
本システムの採用により1カ月当たり6.7人月の工数削減が見込めています。なお、本システムでは、高い生産性と高い拡張性を誇るRuby On Railsを採用します。

【資料のダウンロード】
以下のページをご覧いただき、個人情報を登録されると資料をダウンロードできます。ご依頼によっては加工可能なPowerPoint形式でご提供もできます。
お気軽にお申し付けください。
https://www.transnet.ne.jp/techdoc/

【Ruby事例公開】
・航空機管理システム
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
航 空機の運航管理、整備・部品管理を行うシステムです。航空機の運航予約から運航実績の管理、航空機の整備やこれに伴う部品の管理などを行うことができま す。また、運航実績による整備指示や整備実績からの部品発注など、各機能が相互に連携していますので、運航管理業務全般の効率化が図れます。

【事例のダウンロード】
以下のページをご覧いただき、個人情報を登録されると事例をダウンロードできます。ご依頼によっては加工可能なPowerPoint形式でご提供もできます。
お気軽にお申し付けください。
https://www.transnet.ne.jp/techdoc/

_/_/ コラム _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

◆Railsコラム『enjoy Railsway』第1回「rails console」 執筆者 泉隼人
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
さ て、第一回目は「rails console」です。rails consoleは、Railsアプリケーションを対話的に操作するための機能です。rails consoleを使わなくともRailsアプリケーションを作ることはできるため、この機能を知らない方も結構いらっしゃるようです。普段は ActiveRecordにお任せなのに、DBレコードの確認をするときだけは四苦八苦してSQLを組み立てたりしていませんか?あるいは、Modelの メソッドを試しに実行してみたいけど、簡単な方法がわからない……それでは余りに勿体ない!ということで、rails consoleについてご紹介します。
(この続きは以下をご覧ください)
https://www.transnet.ne.jp/bbxxnhhrv-23/#_23

◆Rubyコラム”Dig Ruby!”第1回 「pry watch」 執筆者 泉隼人
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
さ て、第一回目は「pry watch」です。pryはirbの代替として対話的インタフェース(REPL:Read-eval-print loop とも呼ばれています)を利用できるGemです。既に多くの方が利用されていることでしょう。Railsコラムの第一回目で簡単に紹介しましたが、こちらの コラムではもう少しだけpry について触れてみたいと思います。また、最近追加された機能”watch”をご紹介します。
(この続きは以下をご覧ください)
https://www.transnet.ne.jp/bbp9sgzva-22/#_22

◆Ruby&Railsマーケティングコラム 執筆者 吉政創成株式会社 吉政忠志氏
「OSSの利用推進が1年で8.2%進み、OSSを活用する企業の64.8%は売上増」
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
2014 年年初にIDC Japan(以下、IDC)が国内オープンソースソフトウェア利用実態調査結果を発表しました。今日はOSSのマーケットというか組織の在り方の話です。 このコラムの読者は技術者の方が多いと思うので、市場の話は興味ないかもしれませんが、どうせ学ぶなら今後伸びていく技術を取得したほうがよいと思うの で、一つの考え方としてご参考ください。また、OSSを採用している企業はそうでない企業と比べて組織的に違う可能性があると思っています。その点でも読 んでみてください。
(この続きは以下をご覧ください)
https://www.transnet.ne.jp/bbgrzr95j-24/#_24

編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ト ランスネット 先進技術開発グループの渡邉です。弊社では2010年からRubyを使った開発を始めてまいりました。4年間の経験から蓄積した様々な事例やノウハウを公 開できるまでに至りました。弊社技術者が書き下ろす定期コラムも必見です!今後ともお引き立てのほど、よろしくお願い致します。(渡邉)

ト ランスネット マーケティングアドバイザーの吉政でございます。創刊号から携われて幸せです。これからRubyやRuby on Railsネタをどんどん発信していきますので、是非ご注目ください。なお、編集後記では編集にあたっての話も書きますが、趣味の話も書いていこうと思っ ています。やっぱり、仕事も大事ですが趣味も大事です!!(吉政)

Ruby Times


─┌──┐ 発行人:株式会社トランスネット
─│\/│     システム事業部 システム開発
─└──┘         先進技術開発グループ
Mail :tn-pr@tni.co.jp


Copyright (c). Transnet Inc. All Rights Reserved.