更新情報

本システムは、高い生産性と高い拡張性を誇るRuby on Railsを採用しています。
拡張性の高いRuby+生産性と保守性の高いRailsを組み合わせることで将来的な機能の拡張や変更時にコストを抑えることができます。

事例の詳細資料は以下よりダウンロードできます。
興味がある方は是非ご利用ください。
(個人情報の登録が必要です)
https://www.transnet.ne.jp/techdoc/